So-net無料ブログ作成
検索選択

 雪道や凍結路に注意! [わが友に贈る/寸鉄]

★☆\\★☆★//☆★

 ※♪わが友に贈る♪※

 ★☆\\★☆★//☆★


 雪道や凍結路に注意!


 配達員はじめ全同志の


 絶対無事故を祈る!


 急がず 焦らず


 余裕をもって行動を!


  ー2月11日ー


 ☆-:*:-☆-:*-☆-:*-☆

 ※…♪寸  鉄♪…※

 ☆-:*:-☆-:*-☆-:*-☆


戸田先生の生誕111周年。名誉会長の大闘争が師を宣揚し、仏法は192カ国に



きょう「国際部結成の日」生命尊厳の哲理を全世界へ。大交流時代の先駆者



地域の絆の希薄化憂う声が増加ー調査。心を結ぶ力は学会の励まし運動に



誠実に、君の時間を利用せよー文豪(ゲーテ)。出会い一つ、電話一つで仏縁は広がる



女子部「10帰(テンキ)運動」を皆で応援。打ち合わせは短く価値的に。細心の配慮を


  【聖教新聞より転載】


 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
  【今朝の一句】
 ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


【高柳重信の多行式俳句】

 身をそらす虹の
(ミヲソラスニジノ)

     絶巓
   (ゼッテン)

   (・・・・)
  処刑台
(ショケイダイ)


 2月尽く墓の頭を撫でながら

      高柳重信

【メモ】

高柳 重信(たかやなぎ じゅうしん、大正12年1月9日 - 昭和58年7月8日)俳人。
本名・高柳重信(しげのぶ)、俳人としては「じゅうしん」を自称した。富沢赤黄男(かきお)に師事。戦後は「俳句評論」を創刊。
3行・4行書きの多行書きの俳句を提唱、実践した。金子兜太等と共に「前衛俳句」の旗手であった。
後年、山川蝉夫という別号で、一行の俳句形式の俳句を書き、秀句を多数残した。また、俳誌「俳句評論」代表。総合誌「俳句研究」(俳句研究新社)編集長を歴任。洋画家の「広岡マリ」は、高柳重信の先妻。俳人・中村苑子と生涯をともにしたが、結婚はしなかった。筆者、和井弘希も高柳重信との思い出は色々あり、同人誌「俳句評論」の同人であったが、ついに会うことは無かった。

      和井弘希

 ☆-:*:-☆-:*-☆-:*-☆


☆【桜梅桃李の詩】週刊メルマガ
http://mobile.mag2.com/mm/0001104380.html

【和井弘希の蘇生】
http://blog.goo.ne.jp/kouki6220wai/

PC【桜梅桃李之是無心】so-netブログ
http://www.google.co.jp/gwt/x?wsc=tb&wsi=418390a27982fd7b&source=m&u=http%3A%2F%2Fa100234896-koukiwai.blog.so-net.ne.jp/&ei=TRM4TfmwDpHokAWO8JkD&ct=pg1&whp=30


 ☆-:*:-☆-:*-☆-:*-☆

 


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。